番匠型 東越谷モデルハウス

共生建設株式会社 ホーム > モデルハウス > 番匠型 東越谷モデルハウス

東越谷モデルハウス

外観 共生の家の特徴である「シンプル」がコンセプトです。
外観写真

写真:軒

写真:夜の外観

写真:軒下
軒の出を深くとる事により安定感のある落ち着きと、夏の直射日光を防ぎ、さらには外壁に当たる雨を防ぎ建物を守ります。

外壁材は鹿児島県のシラス大地・火山灰を原料とした「そとん壁」(シラス材料)仕上げとし、素材の持つ独特の質感をかもし出します。

配置については敷地に対して約5~6度西に振ってあります。この結果屋根に当たる冬の日射時間が多くなりOMソーラーの効果がさらにまします。

玄関までのアプローチを浸透性があり滑りにくい「しらすトントン」(シラス材料)を使い、スロープと階段の2経路を確保しました。玄関屋根の深い庇をアプローチに沿って伸ばすことにより、訪れる人を雨から守ります。

塀はアルミフェンス、ヒノキ板の横張りとし、高さを押さえ中から外が見えますが、外から中は見えにくい構造的な工夫で閉塞感をなくしてあります。

横のラインを強調したシンプルで民家調な外観が功を奏し、周辺の建物とは一味違う落ち着いた雰囲気になり、いい意味での存在感をかもし出しています。

モデルハウス見学ご希望の方はお問い合わせフォームからお申込みください。

内観

使用材料は土台に桧・柱は主に1階を杉材、2階柱と梁関係は米松無垢の一等材を使用してあります。含水率15パーセント以下の乾燥材料を使用しましたが、若干の割れが発生しました。これは強度には関係なく節と相まって無垢材の持つ個性でもあります。

この家には外部を遮断する玄関ドアと、居住空間を遮断する引き戸があり、玄関を開けたときの風除の役割を果たします。そこから中に入るとプーンと木の香りがただよい、OMの家ならではの空間が広がり、この空間を支える柱と梁が存在感を示します。

リビング・ダイニング・キッチンは一体的な空間となっていますが、直接見えて困る場所は視野に入らないよう工夫しています。食事用のテーブルは杉材のJパネルを使い棟梁が作ったもので、その手作り感がなんとも言えない味わいを出しております。

和室はあえて半閉鎖的な空間にして、一定の独立性を持たせた離れの感覚です。全開放の建具を開けて広めの濡れ縁(ウッドデッキ)越しに見る小さな庭は、室内空間と一体となり独特の味わいをかもし出します。

2階はプライベートゾーンで、子供部屋は必要に応じて仕切れる1室2ドアとしました。主寝室の壁には調湿性に富む漆喰シートを使用してあります。

モデルハウス見学ご希望の方はお問い合わせフォームからお申込みください。

写真:ダイニング

写真:ダイニング

写真:和室

写真:廊下
建築概要
構造 番匠型(木造軸組工法)
所在地 埼玉県越谷市東越谷6-1
敷地面積 174.77m2
建築面積 76.46m2
延床面積 136.42m2(41.18坪)
(1階床面積/74.32m2
2階床面積/62.10m2
施工面積 142.63m2(43.05坪)
竣工 2002年11月
想定
家族構成
祖父母・夫婦・子供2~3人
主な仕上げ(外部)
屋根 ガルバリューム鋼板0.4t段葺き
外壁 薩摩そとん壁
建具 外部/アルミサッシ雨戸付・ペアガラス
内部/木製建具
土間アプローチ シラスとんとん
主な仕上げ(内部)
1階
カバ無垢材
薩摩中霧島壁
天井 ラワン柾目合板
2階
ホワイトウッド
漆喰シート・薩摩中霧島壁・ビニールクロス
天井 ラワン柾目合板・ビニールクロス
設備
OMソーラー 床暖房・お湯取り・補助暖房(専用灯油式ボイラー)
厨房 OMアイランドキッチン・IHクッキングヒーター
浴室 タカラユニットバス1.25坪タイプ
給湯 ガス給湯器

東越谷モデルハウス アクセスマップ

このページの先頭へ